2006年11月18日

セコムさんにお礼

先日「セコムと話そう「子供の防犯」ブログ< トラックバックキャンペーン > 第3回テーマ発表!」あてに書いた「公園の思い出」という うちのブログの記事が、紹介されました。

ひえ〜。びっくりです。

「子どもの防犯ブログ」の第3回のテーマ「公園で遊ばせる時 気をつけていること」には、全くかけ離れた内容の話(娘と母のドジ話)をエピソードとして書いたので、まさか うちが選ばれるとは・・・恥ずかしい限りです。

しかも 読み返してみると、なんか文章がへんてこで 誤字脱字も・・・(いつものことですが)。

実は あの記事には続きがあるんです。

娘が2度続けて骨折した時、傷害保険(掛け捨ての県民共済)に入っていたんです。

最初に骨折した時、県民共済に連絡したら 治ったら(病院にかかり終わったら)もう一回連絡してくださいと言われました。

骨折といってもヒビがピーッと入ってるだけでしたので、3週間でギブスが取れました。そしてギブスを外して三日目に、一輪車から降りようとして 本当に軽く手をついただけだったんです。

それが 運悪く骨折した方の腕(右腕)。手首から1/3くらいのところが 2度目の骨折では ぐにゃ〜っと曲がりました。

夕方だったので時間外でしたが、つい三日前まで通っていた病院に逆戻り。曲がった腕を無理やり伸ばされて・・・またもやギブスちゃん。

二回目はギブス外すのが怖かったです。

そしてギブスを外しても 曲がったままの腕。リハビリに通ってくださいと言われ、一ヶ月くらい マッサージを受けたり 電気治療を受けたりしました。

本当に治るのか不安で、もう一ヶ所 大きな病院にも行きましたが、曲がった角度を見てもらうと 自然に治るだろうと。

骨折2回で結局 全治3ヶ月・・・・。

ただ、保険金は、出ましたよ。骨折だと 例えヒビでも一時金が。しかも2回分。それにリハビリに通った分も通院として認められたので 20回分くらい。

ええ、娘の保険金でデジカメ買いました。悪い母です・・・か?

そのまま 小金を貯金しておいても いつの間にか無くなりますけど、デジカメを買えば デジカメを見るたびに、骨折を思い出して「気をつけなくちゃ」と 肝に銘じると思ったんです。(言い訳)

あ、それも のどもと過ぎれば・・・ですけどね。

教訓。骨折後、1〜2ヶ月くらいは気を付けましょう。子どもの骨は、場合によっては ほにゃ〜っと曲がりますので。

あ、最後になりましたが、セコムの舟生さん うちのつたない記事を紹介していただきまして、本当にありがとうございました。

posted by 貧乏母 at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2006年11月14日

ゆび編み:子どもにも編める簡単編み物

今日 NHKを見ていたらニットの貴公子(?)広瀬光治さんが出てきました。

可愛いリリアン編みをやっていたと思ったら、今度は「指編み?」。あれは、編み方が簡単で良いですね。道具も毛糸と自分の指だけだし、編み棒を使わないので子どもにも危なくない。電車の中でもできそうです。

この前叔母(義母の妹)から電話がかかってきたときに、「指編み」の話が出たんです。認知症の義母にできないかしらと。

一人じゃできないけど、誰かが一緒にやればできるかな。指を使うからボケ防止・・・いや進行予防に良いかも。

ただし根気良く声賭けをしないと 途中で飽きちゃうかも知れませんが。

DVD付きのゆび編み入門。

広瀬光治のかんたんラクラクゆび編み入門
4798014966広瀬 光治

秀和システム 2006-11
売り上げランキング : 21772


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

内容(「MARC」データベースより)
誰にでも簡単、短時間、道具なしでできて、さらに脳を活性化する究極の手編み「ゆび編み」を楽しんでみませんか。マフラー、帽子、ネック・ウォーマーの作り方を、図解でわかりやすく紹介します。

広瀬光治のかんたんラクラクゆび編み入門より

ゆび編みの編み方

ゆび編み 解説本

毛糸 材料

posted by 貧乏母 at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り

2006年11月09日

公園の思い出

「おばけのスー」のコマーシャルで子どもにも有名になった「セコム」のブログ・セコムと話そう「子供の防犯」ブログ
その中で「公園で遊ばせる時 気をつけていること」という記事。

白いおばけのスー―親子で学ぶ防犯絵本

「公園や公園の遊具で、お子様を遊ばせるときに 気を付けていることは、なんですか?」
公園デビューのエピソード・公園での 思い出などもお寄せください。

(< トラックバックキャンペーン > 第3回テーマ発表! より)

うちの子供3人は、それぞれ大学・高校・中学と 大きくなってしまいましたが、子どもが小さいときに住んでいたマンションは、公園が目の前にあって、子どもがたくさんいて、遊び相手に不自由しないところでした。

気をつけていたことといえば、「どんなに近くても、公道を自転車で乗らない」という事です。

一応、小学校3年になるまでは、公園まで ほんの何メートルもない距離なんですけど、自転車は 必ず押していました。(3年になると、公道で乗って良い許可が小学校から出る)

一番下の娘が 幼稚園の年中に上がる春休みのことです。この子は一番下なので、何でも一人前にやりたがり、自転車の補助車を取りたいと言い出したのです。

根性があるのは知ってましたが、体は小さいし、何回か練習したけど まだ早い感じ。倒れると怒るので、私は一日で手伝うことは やめましたが、そのまま、補助輪は取りっぱなし。

この娘は、来る日も来る日も、公園まで自転車を押していきました。

何回かチャレンジして ダメだなあと思うと、今度は自転車を押して 公園を何周も回ります。一通り遊んだ後、また自転車を押して帰って来ました。

毎日毎日、それの繰り返しです。

5月の連休に入った頃、ふと家の窓から公園を見下ろすと、いつの間にか自転車に乗っています。

我が子ながら、「すげーなあ」と感心したものです。

ところが、1年経って年長の夏休み直前、自転車にずいぶんなれた頃です。公道を乗らないというルールを破ったんです。

公道といっても、広い歩道を兄の自転車についていって塀に激突。ギャンギャン鳴く声がするので 外に出てみると、娘が泣き叫んでいます。(自転車は、自分で引きずって帰って来ました。)

次の日 顔全体が腫れたので、仕方なく医者に行くと、鼻の骨にひびが入っていました。何日かは、擦り傷も残っていましたが、いつの間にか治っていました。

3人目で初めて、ヒビが入ったのがこの子です。その後 小学校一年のとき ローラースケートで一回骨折、治ったかと思うまもなく(医者でギブスを外し、骨折後は折れやすいからと注意されて三日目)一輪車に乗って同じ腕をもう一回骨折・・・このときは、あきれかえりました。

まあ、ギブスしても かけっこしたり 体育の授業も出てたし、男の子より活発な子でしたが、二度目の時は さすがに自分でも自粛していました。

ああ、これでは 親が気をつけることでは ないですねえ。

私が一番思い出すのは、この子をおんぶして 2番目の男の子を公園で遊ばせていた時、娘がいない・・・。きょろきょろ探していると、友達のママに、「あんたの背中におぶってるのは 誰よ?」。

10kg近くなっていたのに、おぶっているのを忘れて 子どもを捜す母。いくらぼーっとしているからといっても、あまりないことでしょうねえ。

う〜ん、13年前のマヌケな思い出です。

セコム「子供の防犯」ブログ×BlogPeople トラックバックキャンペーン

posted by 貧乏母 at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。