2006年03月31日

それぞれの卒業式

今日で3月も終わり。今月は、中身が濃すぎて すごく長く感じたひと月でした。

3月1日、長女の卒業式。

雨降りでとても寒い日でした。3年間の思い出といえば、部活に始まり 部活に終わったというぐらい、テニスに打ち込み、部活の友達と過ごした3年間でした。

うちは、学区の端で通学時間がとても長かったので、通学だけでも疲れるだろうと思っていました。それでも 同じ市から4人のテニス仲間が部活に入りました。

最初は15人もいた同級生が一人減り二人減り、最後には6人に。それでも 4人組は どうやら最後まで部活に残りました。

一人では続けられなかったと思います。

激しい性格の子どもたちだったので ケンカもしたようです。

卒業式は ごく普通に終わって、閉式の言葉が終わってから、卒業生達が スライドにあわせて歌いだしたのは、川嶋あいの「旅立ちの日に」。

18歳の春にふさわしい 身近な言葉で綴られた詩が印象的でした。

卒業式の後 子ども達は、友達と出かけ、私は テニス仲間のお母さん達と4人一緒にお茶を飲みました。最初で最後の4人の集まりでした。

ここでもやっぱり、「よく最後まで続いたね。」本当に それに尽きました。

さて3月13日には 息子の中学の卒業式。

こいつは、入学した時 すごく突っ張った顔と髪の毛でした。

全身で中学校や教師に反発していました。先生方とも友達とも よくケンカをしていました。学校からもたびたび電話がかかってくるし、本当にどうなるんだろうと不安で一杯でした。

ただこの子も 部活に精を出し、自分の居場所が確保されるようになると 落ち着いてきました。

その後、部活もいい時も悪い時もあったけど、テニスを通して 他の学校の子どもたちとも友達になって、休みの日には 3校、4校の友達とテニスに行ったり、遊んだり。

周りの子が、マジメな子どもばっかりだったので、どうやら横道にそれずに 部活を終えました。

勉強は 全くやりませんでした。ただ行きたい高校があったので、推薦してもらうために三年二学期の後半の二ヶ月だけは、まじめに塾に通いました。

息子の勉強期間は それだけです。

ただずるいのは、普段全然勉強しなかったので、たまに勉強すると、先生がすごくほめてくれるんですね。成績表も 2学期の分(学期末と学年末テスト)だけぐーんと上がりました。それで どうにか内申書も足りて、推薦の枠に入れてもらったのです。

勉強は嫌いだけど、知恵だけは あるっていうやつですね。

入学後が大変そうです。

さて、息子の卒業式は 予定通り「旅立ちの日に」を卒業生が合唱しました。馬鹿な子ほど 泣けますね。前奏が始まったとたん、目がうるんでしまいました。

合唱も何度も聴いたけど、一年生の時と比べ物にならないほど 成長したものです。

女子が少なくて バランスが悪いのですが、男子が本当によく声が出ていました。堂々と 自信を持って歌う姿が すばらしかったです。

私は 親として子どもを甘やかしたり、自分の子どもばっかり見ていたり・・・そんな甘い親でしたが、先生方が どうにか厳しい目で子どもを引っ張ってくれました。

いろいろ考えさせられる3年間でした。先生方、本当に ありがとうございました。

卒業 旅立ちの日に―わたしも弾ける
4773224126ケイ・エム・ピー編集部

ケイ・エム・ピー 2005-12-12
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 貧乏母 at 10:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック


こどもBLOG トップページ / Kids Net / こどものおもちゃと雑貨

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。