2005年07月08日

ちびくろ・さんぼ 2

ちびくろ・さんぼに双子の弟がいるなんて 知っていますか?(私は 初耳でした。)

iconicon

本の内容
ちびくろ・さんぼに、可愛い双子の弟ができた続編です。「うれしいな! なんて なまえが いいかな?」とちびくろ・さんぼはいいました。「うん、そうだ!ちびくろ・うーふとちびくろ・むーふというのがいいや!」絵は、5月に惜しくも亡くなられた漫画家の岡部冬彦さん。フランク・ドビアスのデザイン化された絵を引き継ぎ、柔らかなタッチで、生き生きとしたさんぼ兄弟を描いています。続編の復刊により、先に発売された「ちびくろ・さんぼ」と合わせ、岩波版完全復刊です。

(セブンアンドワイ - 本 - ちびくろ・さんぼ 2 より引用)

ちびくろ・さんぼって 昔、教科書に載ってませんでしたか?私が 小学校の低学年の頃といったら、もうかれこれ30年以上前のことですが。

あのころ なぜあんなに、バターやパンケーキ(ホットケーキ?)がおいしそうに見えたのかと考えてみたんですけど、新潟の田舎で育った私は、ホットケーキなんてデパートの食堂で食べるものだと思っていました。金色に輝く大量のバターなんて 夢のまた夢です。

例え トラが溶けてできたバターだろうが、バターはバター。どれほどおいしいものだろうかと想像を膨らませたものです。

小学校の国語の教科書は、宝の山ですね。毎年学年が上がると新しい教科書がもらえます。他の教科書は 全く興味がないのに、国語の教科書だけは わくわくしながらめくったものです。「チックとタック」「スーホの白い馬」「小さい白いにわとり」などなど。家の長女は、「アナトール、工場へ行く」や「くまさん」が好きでした。

子どもの頃の教科書のお話は、光村ライブラリーという本の中でよみがえっています。光村ライブラリーは、昭和四十六年度版から平成十二年度版までの教科書の中から、先生方や子どもたちに高い支持を得た作品の中から厳選した物語をまとめたものです。「小さい白いにわとり」は、一巻目に載っているようです。

光村ライブラリー (1)
光村ライブラリー (1)樺島 忠夫

光村図書出版 2002-03
売り上げランキング : 2,714

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
光村ライブラリー (2) 光村ライブラリー (3) 光村ライブラリー (4) 光村ライブラリー (5) 光村ライブラリー (6)

全18巻のセットもあります。読んだら 懐かしさがこみ上げてきそうです。

光村ライブラリー全18巻セット
光村ライブラリー全18巻セット今江 祥智 中川 李枝子

光村図書出版 2003-08-30
売り上げランキング : 17,470

おすすめ平均star
star懐かしくて、涙が出てくる
star買っちゃいました

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今年復刊したちびくろ・さんぼは、こちらです。

ちびくろ・さんぼ
ちびくろ・さんぼヘレン・バンナーマン フランク・ドビアス 光吉 夏弥

瑞雲舎 2005-04-15
売り上げランキング : 29

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
シナの五にんきょうだい 王さまと九人のきょうだい―中国の民話 ふくろうのそめものや ちびくろサンボよすこやかによみがえれ うずらちゃんのかくれんぼ


posted by 貧乏母 at 01:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本・絵本・コミックス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック


こどもBLOG トップページ / Kids Net / こどものおもちゃと雑貨

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。